老犬のかかりやすい病気『アトピー』

こちらではアトピーについて、またその症状・原因・ケアのしかたなどについて分かりやすくご説明いたします。


アトピー

アレルギー性皮膚炎は、アレルゲンに反応して、生じる皮膚炎がアレルギー性皮膚炎と呼ばれています。

吸引性皮膚炎と食餌性皮膚炎と別れ、主にアトピーと呼ばれているのは、吸引皮膚炎となります。

アトピー性皮膚炎は、耳や目の周りや腹部、足、ワキなど広範囲に赤くなったり、

湿疹などが発生し、かゆみを伴います。空気中のアレルゲンを吸い込み発症します。

また、アトピーは吸引性皮膚炎と食餌性皮膚炎と別れますが、多くは吸引性のアトピーの率が高い傾向があります。

(1)体の異変について

最近、次のような体の異変が見られませんでしたか?

  • 耳や目の周りや腹部、足、ワキなど広範囲に赤くなった

(2)行動の異変について

最近、次のような行動が見られませんでしたか?

  • 体を掻いたりしている
  • 皮膚、被毛を舐めている

(3)予防とケアや処置について

上記の項目に当てはまる場合、下記の予防とケアや処置などが考えられます。
少しでも早く気がついてあげることで悪化を最小限に防ぎましょう。

  • 体の一部が赤身を帯びて、痒がるので、早めに獣医師の診断を受ける
  • アトピーの痒みで全体に広がり、他の皮膚炎も併発する恐れがあります
  • 治療法としては、ステロイドや抗ビタミン剤を投与し、治療を行います
  • 原因を見出し、生活環境で改善できる物は早めに対応して予防してください
  • 早期発見、早期治療に注意をしてあげ、動物病院で定期健診を受けましょう。



老犬のかかりやすい病気一覧


癌の病気


脳・神経・心の病気


アレルギー、皮膚の病気


カレンダー

2020年9月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

老犬介護相談室

  1. 老犬 床ずれ
    寝返り起き上がることができなくなった。 1か月前ぐらい前から一人で寝返り、起き上がることができ…
  2. 老犬 ペットフード
    老犬ですがドッグフード与えても痩せていきます。 13歳雌のラブを飼ってます。1年前位から、寝た…
  3. 老犬 前庭障害
    老犬が突然倒れ寝たきりの状態に。 先日、愛犬が突然倒れ立てなくなり、まったく動く事も出来ず、寝…

老犬デイケア訪問介護

  1. ぴりかのもり

    北海道札幌市 わんにゃん訪問介護 ぴりかのもりのご紹介です。

    訪問サービスなので住み慣れたお家で、大好きなご家族と一緒に過ごせます。訪問介護、介護シッターどちらも…
  2. かた21

    福岡県福岡市 かた21動物病院のご紹介です。

    高齢のペットでも利用ができる「診療付きデイケア」としてお預かりを行います。また、毎週火曜日には老犬に…
  3. IMG_1228

    愛知県名古屋市 ペットケアホーム リュッカ のご紹介です。

    動物医療知識と動物看護のスペシャリスト・動物看護師による動物介護施設です。ペットのかかりつけ動物病院…
ページ上部へ戻る