老犬のかかりやすい病気『僧帽弁閉鎖不全』

こちらでは僧帽弁閉鎖不全について、またその症状・原因・ケアのしかたなどについて分かりやすくご説明いたします。 日頃の生活の中でワンちゃんの体の異変や行動の観察し少しでも早く気がつく事によって予防や対処してあげてください。


僧帽弁閉鎖不全とは

僧帽弁は心臓の左側、左心房・左心室にある弁です。

左心房と左心室の間に存在する弁で血液が、逆流しないようにする弁に異常が起こり、機能しない事で発症します。

逆流しないようにする弁に異常が起こり、機能しない事で発症します。

僧帽弁が正常に機能しない事で、血液が逆流をくり返し、心臓が肥大していきます。それによって、

気管支が圧迫されたり、肺の機能が低下したりして、肺がうっ血して呼吸がうまくできなくなるケースもあります。


(1)体の異変について

最近、次のような体の異変が見られませんでしたか?

  • 呼吸困難

(2)行動の異変や症状について

次のような行動や変化が見られませんでしたか?

  • お散歩を嫌がるようになった。
  • 夜中に乾いた咳をするようになった。
  • とても苦しそうに呼吸をする。
  • 元気がない。

(3)予防とケアや処置について

上記の項目に当てはまる場合、下記の予防とケアや処置などが考えられます。
少しでも早く気がついてあげることで悪化を最小限に防ぎましょう。

  • 強心剤で心臓の働きを強化したり、、治療法は薬を服用していく必要があります。
  • 僧帽弁閉鎖不全になると、完治することは非常に困難な病気と言われています。
  • 心臓に負担のかからないように、日常生活にも注意が必要です。
  •  
  • 日常の変化に注意し、動物病院で定期健診を受けましょう。



老犬のかかりやすい病気一覧


癌の病気


脳・神経・心の病気


アレルギー、皮膚の病気


カレンダー

2020年9月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

老犬介護相談室

  1. 老犬 床ずれ
    寝返り起き上がることができなくなった。 1か月前ぐらい前から一人で寝返り、起き上がることができ…
  2. 老犬 ペットフード
    老犬ですがドッグフード与えても痩せていきます。 13歳雌のラブを飼ってます。1年前位から、寝た…
  3. 老犬 前庭障害
    老犬が突然倒れ寝たきりの状態に。 先日、愛犬が突然倒れ立てなくなり、まったく動く事も出来ず、寝…

老犬デイケア訪問介護

  1. ぴりかのもり

    北海道札幌市 わんにゃん訪問介護 ぴりかのもりのご紹介です。

    訪問サービスなので住み慣れたお家で、大好きなご家族と一緒に過ごせます。訪問介護、介護シッターどちらも…
  2. かた21

    福岡県福岡市 かた21動物病院のご紹介です。

    高齢のペットでも利用ができる「診療付きデイケア」としてお預かりを行います。また、毎週火曜日には老犬に…
  3. IMG_1228

    愛知県名古屋市 ペットケアホーム リュッカ のご紹介です。

    動物医療知識と動物看護のスペシャリスト・動物看護師による動物介護施設です。ペットのかかりつけ動物病院…
ページ上部へ戻る