老犬の消化吸収について

老犬になると、ごはんを食べなくなったり、老化により消化吸収力も低下する事で痩せたりするケースも少なくありません。老犬になると、今まで以上に食生活にも注意をしてあげる事は、とても重要な事です。様々なドックフードや手作りごはん等、たくさんありますが、どれを選んでいいのかわからない栄養的な事も含め、改めて栄養素の基本をしる事も必要になります。


消化吸収能力低下による痩せすぎ

老犬になると、活動量が減って代謝能力も低下し、1日に必要なエネルギー量は少なくなります。食欲がある場合は、老犬になっても同じ量を食べる事で肥満になる事もありますが、食欲が低下したり、消化能力が落ちてくると、栄養不足による、痩せすぎという事に繋がります。

肥満の場合は、糖尿病や心臓病、高脂血症などの循環器系の病気を引き起こし、痩せすぎの場合には栄養不足により、食欲低下、免疫力低下し、寝たきりや様々な病気にに繋がってしまいます。痩せすぎの場合、十分に栄養も摂取できないので、体重の増加させる事が非常に難しく、少量で高栄養価のフードを与える事が必要になります。

(1)人と犬では消化吸収の構造が異なる

老犬になると、脱水の自己判断が鈍くなるケースもあり、脱水症状に陥ったり腎臓、肝臓に負担が掛かる事もあります。

水は血液や体内の成分で体の60~70%を締めているので、いつでも新鮮な水が飲めるようにしてあげてください。

また、ミネラルウォーターには、硬水と軟水があり、硬水にはカルシウムやマグネシウムが含んでいるため、ドックフードなどに含まれている場合は、過剰摂取にも繋がり、尿石症などを引き起こす可能性もあります。普段から自宅の水道水が1番利にかなっています。


(2)愛犬の肥満度をチェック

理想的な体重管理は、見て触ってあげる事である程度の状態を確認する事ができます。

1. 背中を撫でてあげると、骨がうっすらとわかる。

2. ウエストに適度なクビレがある。

3. 腹部に適度な脂肪がついているのが確認できる。

老犬になったら、定期的に体重管理を行なう事は重要なポイントになります。

老犬無添加ドッグフード

老犬介護相談室

  1. 老犬 床ずれ
    寝返り起き上がることができなくなった。 1か月前ぐらい前から一人で寝返り、起き上がることができ…
  2. 老犬 ペットフード
    老犬ですがドッグフード与えても痩せていきます。 13歳雌のラブを飼ってます。1年前位から、寝た…
  3. 老犬 前庭障害
    老犬が突然倒れ寝たきりの状態に。 先日、愛犬が突然倒れ立てなくなり、まったく動く事も出来ず、寝…

老犬デイケア訪問介護

  1. ケアペッツ

    東京都千代田区 動物の訪問介護 CARE PETSのご紹介です。

    CARE PETS(ケアペッツ)は、専属の動物看護師が愛犬・愛猫の介護・看護・ペットシッターなどのホ…
  2. ぴりかのもり

    北海道札幌市 わんにゃん訪問介護 ぴりかのもりのご紹介です。

    訪問サービスなので住み慣れたお家で、大好きなご家族と一緒に過ごせます。訪問介護、介護シッターどちらも…
  3. かた21

    福岡県福岡市 かた21動物病院のご紹介です。

    高齢のペットでも利用ができる「診療付きデイケア」としてお預かりを行います。また、毎週火曜日には老犬に…
ページ上部へ戻る