こだわりの老犬ホーム|信頼と安心ができる環境に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こだわりの老犬施設

子犬の時から家族の一員としてそばにいた寿命も伸び介護が必要になる犬も増えてきました。 最後までいっしょに過ごすのが飼い主さんの役目でもあります。ただ老犬の介護はそんなに簡単な事ではありません。

老犬介護のご経験がない方には、とても伝わりにくい部分なのです。

少し角度を変えて考えてみて下さい。

寝返りも出来ない老犬、定期的な寝返りをサポートしないと床ずれで血まみれになってしまいます。 しかし、仕事に行くため家を開けないといけません。日中は家族が誰もいないため、 付きっきりで介護が出来ません。愛犬の介護をするには、仕事を辞めるしかないでしょうか?

足腰が弱ってしまいトイレをする事が困難な老犬。一日中、オムツをしていれば、 愛犬にとって適切な介護をしていると言えるでしょうか? オムツをしたままにしているとムレて、皮膚病に繋がる事もあります。

夜な夜な30分置きに認知症で老犬が泣いてしまいます。近隣からも苦情が来てしまっている状態です。 サークルに閉じ込めて無視する事が適切な介護と言えるでしょうか?

客観的に見れば飼い主さんが最後まで面倒を見るのが、当然と思う方も多いと思いますが、 現実的にはそんなに簡単な事ではありません。お世話をしたくても出来ない飼い主さんもいらっしゃるのです。 本当は側にいて欲しいと思う気持ちは、みなさん同じなのです。

老犬ホームというのは老犬になって、お世話が面倒だからという事で、飼育放棄をするための施設ではありません。

適切な介護をしてもらい、少しでも良い環境でプロの介護士に見てもらいたいと考える飼い主さんもいらっしゃいます。 もちろん可能であれば、飼い主さんの元で暮らして欲しい考えております。

老犬介護の本質的な部分で向き合うためにも、老犬ホームの施設サービスは 飼い主さんにとって1つの選択肢として、世の中に認知されて欲しいと願っています。 また、老犬ホームという肩書きだけではなく、どのような環境で、どのような介護内容、 施設の充実など、飼い主さんが本当に信頼と安心ができるように、命と向き合っているプロの老犬介護施設を厳選しています。

老犬介護ドットコム

老犬介護ドットコム 運営代表 河村 充

元々はペットショップ店長として様々な角度からペット業界を見てきました。日本のペット業界は素晴らしいと思えない現実も多々あります。

私の愛犬チワワ(ぺろ)も高齢期に入ってきました。変形性脊髄炎と介護の日々も経験しております。とても大事な家族だからこそ、老化についてもっと知ってほしいと心より願っています。


動物介護士&介護ホーム施設責任者 W資格取得講座

老犬介護ドットコムメディア実績

老犬介護相談室

  1. 老犬 床ずれ
    寝返り起き上がることができなくなった。 1か月前ぐらい前から一人で寝返り、起き上がることができ…
  2. 老犬 ペットフード
    老犬ですがドッグフード与えても痩せていきます。 13歳雌のラブを飼ってます。1年前位から、寝た…
  3. 老犬 前庭障害
    老犬が突然倒れ寝たきりの状態に。 先日、愛犬が突然倒れ立てなくなり、まったく動く事も出来ず、寝…

老犬デイケア訪問介護

  1. かた21

    福岡県福岡市 かた21動物病院のご紹介です。

    高齢のペットでも利用ができる「診療付きデイケア」としてお預かりを行います。また、毎週火曜日には老犬に…
  2. IMG_1228

    愛知県名古屋市 ペットケアホーム リュッカ のご紹介です。

    動物医療知識と動物看護のスペシャリスト・動物看護師による動物介護施設です。ペットのかかりつけ動物病院…
  3. ぴりかのもり

    北海道札幌市 わんにゃん訪問介護 ぴりかのもりのご紹介です。

    訪問サービスなので住み慣れたお家で、大好きなご家族と一緒に過ごせます。訪問介護、介護シッターどちらも…
ページ上部へ戻る